NEWS県内ニュース/詳細

キャンドルの手作り体験や工場見学 カメヤマローソクタウン誕生

 キャンドルの手作り体験や工場見学などができる「カメヤマローソクタウン」が15日、三重県亀山市にオープンし記念式典が開かれました。
 
 ローソクの国内シェアトップの「カメヤマ」が、創業100周年記念事業の一環として建設したものです。

 式典では、日本キャンドル協会の金指琢也代表理事が「癒やしの場所となり、亀山を中心に照らし出す明かりになれば」とあいさつしました。

 「カメヤマローソクタウン」は建物の延べ床面積が約1280平方メートルで、バースデーキャンドルや神仏用ろうそくなどが出来上がる様子を見られる工場見学や、オリジナルキャンドルの手作り体験が無料で楽しめます。

 また、国内最大級の品揃えを誇るショップや、幻想的なローソクの明かりで彩るミュージアムも併設されました。

 野田明管理本部長は「全国の人にローソクの聖地として集まってもらい、皆さんが幸せになれるような建物になれば」と期待を込めました。

県内ニュース一覧に戻る

ページトップへ