NEWS県内ニュース/詳細

「職場の女性を妊娠させ現金必要」 息子装った男の電話で300万円だまし取られる

「職場の女性を妊娠させ現金が必要」だと息子を装った男から電話を受けた三重県玉城町に住む女性が、300万円をだまし取られる特殊詐欺の被害に遭いました。

警察の調べによりますと3月22日午前9時半頃、玉城町に住む70代の女性宅に「職場の女性と男女の関係になり妊娠させてしまった。解決するのに300万円が必要なので今すぐ準備できないか」と、息子を名乗る男から電話がありました。

電話で言われた通りに、女性が現金と菓子折りを準備して四日市市内の駅に到着すると、息子を名乗る男は電話で「自分は相手と揉めているので行けない」と話し、近くの駅付近に向かうよう指示しました。

女性はそこで見知らぬ男に声をかけられ、その男から電話を渡されると、息子を名乗る男とつながっていたということです。

息子を名乗る男の指示に従い現金300万円と手土産をその男に手渡し、だまし取られました。

女性が連休中に息子と会った際に確認したところ、そのような事実がないことがわかり発覚したもので、警察では特殊詐欺事件として詳しく捜査しています。

県内ニュース一覧に戻る

ページトップへ