NEWS県内ニュース/詳細

保育園児が田植えに挑戦 泥に足取られながらも歓声

 三重県菰野町の田んぼで9日、保育園に通う子どもたちが田植えに挑戦しました。

 田植え体験を行ったのは、たいりん保育園の園児7人です。

 お米がどのようにして育てられるのか学んでもらおうと、自動車販売会社のネッツトヨタノヴェル三重が社会貢献活動の一環として行ったものです。

 園児たちは、水田の泥に足を取られながらも、歓声を上げて楽しそうにもち米の苗を植えていきました。

 植えられたもち米は秋頃に収穫され、ネッツトヨタノヴェル三重が新春イベントとして開催する「餅つき大会」で振る舞われる予定です。

県内ニュース一覧に戻る

ページトップへ