NEWS県内ニュース/詳細

「魔女のお茶会」が急須で新茶振る舞い 色味ともに仕上がり良し

 新茶の季節を迎え、三重県亀山市で栽培される「亀山茶」のおいしさを多くの人に知ってもらおうと9日、市立図書館で新茶の試飲会が開かれました。

 亀山市は温暖でお茶の栽培に適した気候に恵まれ、古くから県内有数のお茶どころとして知られています。

 9日は、お茶の振る舞いなどを行う市民団体「魔女のお茶会」メンバーが、収穫したばかりの新茶「みえうえじま」を急須を使って丁寧に淹れ、図書館を訪れた人たちに振る舞いました。

 関係者によりますと、今年は天候にも恵まれ葉の生育が順調に進んだことから、色味ともに良い新茶に仕上がったということです。

県内ニュース一覧に戻る

ページトップへ